流通業界の業務自動化を支援するユーザックRPAソリューション

2018.6.19

記事概要イメージ画像

 小売、卸、メーカー間でのやり取り、社内間で発生する様々なデータ連携は、業務の変化や取引の増加に伴いシステム化投資も拡大する傾向にあります。さらに手作業による事務処理の煩雑さが長時間労働にもつながり、大きな社会問題となっています。そこで働き方改革を進める企業に注目されているのが、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と言われる業務の自動化です。
 ユーザックシステムでは2004年より業務の自動化ツールを提供しており、これまでに約650社を超えるRPA導入を支援してきました。受注から出荷までの業務改善ソリューション、社内の様々な業務の自動化に役立つRPAソリューションで、働き方改革にお役立てください。

  • 1

【Autoジョブ名人】ブラウザ、Windowsアプリ操作を自動化するRPAツール

 「Autoジョブ名人」は、ブラウザ操作を伴う取引先のWebEDIや社内システムのWindowsアプリなど、あらゆるパソコン操作を安定して自動化するRPAです。これまで取引先のWebサイトへログイン、受注データをダウンロードし、基幹システムに連携するといった一連のパソコン操作を自動化できます。またECサイトへの商品情報のアップロードやPOSデータのダウンロードなど、複雑なブラウザ操作の自動化も可能です。スケジュール実行やメール通知、データ変換機能も提供していますので、業務プロセス全体の効率化を実現します。

 

 

Autoジョブ名人の詳細⇒ http://www.usknet.com/original_soft/autojob/index.htm

 

 

 

【Autoメール名人】メール操作、EXCELデータ入出力を自動化するRPAツール

 「Autoメール名人」では、得意先からのメールを受信すると、添付ファイルから受注データを自動で抽出。そのデータを自社の基幹システムが読み込めるデータフォーマットに自動変換し、連携。さらに仕入先への発注データを作成し、メールに添付して送信するという一連の流れを自動で行うことができます。メールの見落としや、入力ミスなどを防ぎ、確実に受注から発注業務をスムーズに行えるようにサポートします。

 

Autoメール名人の詳細⇒ http://www.usknet.com/original_soft/automail/index.htm

 

 

 

【EOS名人.NET】JCAから流通BMSまで、どのシステムでもEDI業務を行える

 流通BMSが普及しているとはいえ、今でもJCAや全銀手順等もまだ残っています。それぞれの小売業に合わせた対応が求められ、システム開発と保守・運用などにかかるコスト負担は大きく、手間もかかっていました。「EOS名人.NET」を使えば、小売業ごとに異なるフォーマットの変換が簡単。しかも基幹システム連携も一本化できるため、システム開発にかけてきた費用の大幅削減を実現することができます。Autoメール名人やAutoブラウザ名人を組み合わせて使用すれば、取引先の様々な受発注形態にも対応できます。

 

 

 

EOS名人.NETの詳細⇒ http://www.usknet.com/original_soft/eos/index.htm

 

 

【FAX受注名人】FAXをイメージデータとして取り込み、自動で担当者に振り分ける

 「FAX受注名人」は、受信したFAXをプリントアウトすることなく、そのままパソコンの画面に表示。電話のナンバーディスプレイの機能を利用して、どの取引先からのFAXか自動で判別し、担当者に振り分けます。FAXをピックアップし、担当者に振り分けるタイムロスをなくし、基幹システムへの入力をすぐに行えるのはもちろん、納期回答などもFAXで即座に送付することが可能です。受信したFAXはそのまま画像として保存することができるので、大切な資料の紛失を防ぐことができるほか、パソコンを使っていつでも資料を簡単に取り出せるため、2次利用もしやすくなります。

 

 

 

FAX受注名人の詳細⇒ http://www.usknet.com/fax/index.htm

 

 

【伝発名人.NET】出荷実績2万3,000本超の伝票発行システムのロングセラー

 累計出荷実績2万3,000本を突破した「伝発名人.NET」は、指定伝票発行をサポートするシステム。取引先によって異なる帳票レイアウトに合わせて、簡単にレイアウト変更ができるのが「伝発名人.NET」の強み。パソコン初心者でも簡単に操作ができると好評でロングセラーとなっています。基幹システムと連動させて、印字データや帳票フォーマットをサーバーで一元管理し、複数クライアントのブラウザ画面から伝票発行する大規模な帳票システムとしての利用も広がっています。

 

伝発行名人.NETの詳細⇒ http://www.usknet.com/original_soft/denpatsu_net/index.htm

 

 

【Pittaly】店頭での発注・売上・棚卸業務やルート営業のサポートをするスマホアプリ

 「Pittaly(ピッタリー)」は、店舗で商品を発注するためのiPhone、Android対応アプリ。スマホにアプリをダウンロードするだけでハンディターミナルに早変わり。店舗で商品の発注や売上管理をバーコードでおこなえ、棚卸業務にも役立ちます。

 

 ほかにもルートセールスを行う営業担当者による得意先での商品の注文も、バーコードスキャンして瞬時にデータ化。クラウド経由で本部へのデータ送信も行えるので、本部は瞬時に全国の売上データの集約が可能となります。またパソコンの置けない催事などのイベントでも、「Pittaly」があれば、初期コストをかけることなく、発注・売上・棚卸業務が迅速にできるようになります。

 

 初期導入コストはゼロで、1端末あたりの月額使用料はわずか2,000円とリーズナブル。これまでハンディを導入できなかった百貨店の小さな売り場でも導入され、サイボウズのkintoneやAPIによる他システムとの連携など、使われるシーンも広がっています。

 

 

 

Pittalyの詳細⇒ http://www.pittaly.com/

 

 

 

<お問い合わせ>

ユーザックシステム株式会社

東京本社 03-6661-1210

大阪本社 06-6228-1383

 

http://www.usknet.com/

meijin@usknet.co.jp

 

 

 

  • 1