注目!

ただ売れるだけじゃない。暮らしを豊かにする ECデザインを評価した「JECCICA ECデザイン大賞2018」

 2018年5月18日、ジャパンEコマースコンサルタント協会(JECCICA)が主催する「JECCICA ECデザイン大賞2018」の最終プレゼンテーションが行われた。PCはもちろん、スマホなど、販売チャネルが拡大し、消費者の流...

日経MJフォーラム「EC事例大集合」 〜実践企業に学ぶ売り上げ拡大への道〜

 人口減少で国内消費が盛り上がりに欠ける一方、電子商取引(EC)の売り上げは好調だ。 成長分野だけに参入企業も多く、競争は激しさを増している。ビジネスチャンスを逃さないためには何が必要か。日本経済...

取引先の利用率が20%以上アップし、「便利になった」の声も ご用聞きではない、提案型のアイルを信頼

 子ども服の企画・生産・販売を行うキムラタン。2016年にアイル提供のWebオーダーシステム「アラジンEC」を導入。電話・FAXで発注していた取引先もシステムを利用するようになり、取引先・自社ともに利便性が向...

新着記事

2018.7.11

受注出荷業務と店舗管理業務の効率化で年間2,392時間の作業時間を削減。より本質的な業務にシフトすることでサスティナブルな社会に貢献。

 ブランケットから日用品まで、サスティナブルで環境に優しい家庭用品の輸入、卸・販売を手がけるイーオクト株式会社。既存の販売・在庫管理システムの更新のタイミングでファッション業向け販売・在庫管理システム「アラジンオフィス」を中心に、クラウドPOSシステムやECサイト一元管理ソフト「CROSS MALL」を導入し、卸・店舗・ECの一元管理を実現した。その結果、年間2,392時間の作業時間の削減が進み、スタッフは「より本質的な業務」にシフトすることが可能になっている。

サムネイル画像

事例

2018.6.19

流通業界の業務自動化を支援するユーザックRPAソリューション

 小売、卸、メーカー間でのやり取り、社内間で発生する様々なデータ連携は、業務の変化や取引の増加に伴いシステム化投資も拡大する傾向にあります。さらに手作業による事務処理の煩雑さが長時間労働にもつながり、大きな社会問題となっています。そこで働き方改革を進める企業に注目されているのが、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と言われる業務の自動化です。  ユーザックシステムでは2004年より業務の自動化ツールを提供しており、これまでに約650社を超えるRPA導入を支援してきました。受注から出荷までの業務改善ソリューション、社内の様々な業務の自動化に役立つRPAソリューションで、働き方改革にお役立てください。

サムネイル画像

製品・サービス

2018.6.01

ただ売れるだけじゃない。暮らしを豊かにする ECデザインを評価した「JECCICA ECデザイン大賞2018」

 2018年5月18日、ジャパンEコマースコンサルタント協会(JECCICA)が主催する「JECCICA ECデザイン大賞2018」の最終プレゼンテーションが行われた。PCはもちろん、スマホなど、販売チャネルが拡大し、消費者の流入が期待できるようになった今、ECサイトのデザインは売上をも左右する重要なファクターの一つだ。

サムネイル画像

特集

2018.5.25

日経MJフォーラム「BtoB ECで稼ぎ方改革!」~EC化がもたらす生産性向上~ 営業力アップ、業務効率化に直結

 国内電子商取引(EC)市場は200兆円を突破し成長を続けている。だが、その80%以上は依然、電話やファクスなどのアナログが占め、生産性が上がらない要因にもなっている。今後、人手が不足するなかで営業力や業務効率の向上が求められることから、BtoB取引のEC化が注目されている。そこで先月開催したMJフォーラムでは、BtoB ECを成功に導くポイントやソリューションにスポットを当てた。

サムネイル画像

特集

コラム

一般財団法人
流通システム開発センター
流通BMS協議会
事務局長

坂本 尚登