注目!

日経MJフォーラム 「EC事例2019」 実践企業に学ぶ売上拡大の秘策

 電子商取引(EC)を巡る課題は、規模や商品ジャンル、システムや人員配置など企業によって様々だ。消費者を取り巻く環境の変化と顧客の需要に応えつつ売り上げ増を図るのは難しい。日本経済新聞社は6月中旬...

ただ売れるだけじゃない。暮らしを豊かにする ECデザインを評価した「JECCICA ECデザイン大賞2018」

 2018年5月18日、ジャパンEコマースコンサルタント協会(JECCICA)が主催する「JECCICA ECデザイン大賞2018」の最終プレゼンテーションが行われた。PCはもちろん、スマホなど、販売チャネルが拡大し、消費者の流...

取引先の利用率が20%以上アップし、「便利になった」の声も ご用聞きではない、提案型のアイルを信頼

 子ども服の企画・生産・販売を行うキムラタン。2016年にアイル提供のWebオーダーシステム「アラジンEC」を導入。電話・FAXで発注していた取引先もシステムを利用するようになり、取引先・自社ともに利便性が向...

新着記事

2019.12.10

普及が遅れるB2B ECの現状と今後の展望

 業務効率化や販路開拓を期待できるB2BのECが注目を集めている。その一方でB2C向けのECサイトと比較すると、B2B向けのECサイトを導入し、自社の販売に生かしている企業はまだ限定的だ。企業のB2B取引のEC化の現状と、今後の普及へのポイントを、国内での運用実績トップを誇るB2B ECプラットフォーム「Bカート」を運営する、株式会社Daiの鵜飼 智史氏に話を聞いた。

サムネイル画像

インタビュー

2019.12.05

健康食品通販の「やずや」がCRM基幹システムの全容を公開 ~世界のネット販売で拡大が進むGS1標準の活用へ~

 競争環境がますます厳しくなるネット通販市場。参入者が多い一方、勝ち組と負け組の差も大きくなっている。規模が大きくなるとその分リスクも増え、わずかなミスが致命傷になりかねない。  19年11月14日、東京都港区の明治記念館で開催されたセミナー「GS1標準によるオムニチャネル環境の業務革新2019」では、健康食品通販の「やずや」を支えるCRM基幹システムの開発担当者が、年商100億の通販会社を実現するための秘策を公開。さらに、アパレル物流業界のキーマンが、テクノロジーがもたらす新しい小売を紹介し、「攻めの物流」と題して物流の未来を語った。

サムネイル画像

特集

2019.11.29

日経MJフォーラム BtoB 取引の新機軸 デジタル化がもたらす新たなビジネス基盤「BtoB EC」

 受発注の効率化を狙って「BtoB EC(企業間電子商取引)」を導入する企業が増えている。カギを握るのがデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みだ。日本経済新聞社は10 月上旬、BtoB EC の市場動向などを考えるフォーラムを都内で開催。第一線の担当者が豊富な事例をもとにデジタル化がもたらす新たなビジネスの波を紹介した。

サムネイル画像

特集

2019.7.19

日経MJフォーラム 「EC事例2019」 実践企業に学ぶ売上拡大の秘策

 電子商取引(EC)を巡る課題は、規模や商品ジャンル、システムや人員配置など企業によって様々だ。消費者を取り巻く環境の変化と顧客の需要に応えつつ売り上げ増を図るのは難しい。日本経済新聞社は6月中旬、ECを巡る課題を解決するためのフォーラムを都内で開催。豊富な事例を紹介し、EC活用へのヒントを探った。

サムネイル画像

特集